Book Review 30-7 マンガ #プリニウス

『#プリニウス』(ヤマザキマリ×とり・みき著)を読んでみた。

ヤマザキ マリ氏は漫画家、随筆家、画家。東京造形大学客員教授。イタリア在住。とり・みき氏は漫画家。

プリニウスについては ローマ帝国初期に活躍した博物学者であることしか知らなかった。奇想天外な『博物誌』102巻を完成させたが、現存するのは37巻のみである。日本人の澁澤龍彦氏(人間精神や文明の暗黒面に光をあてる多彩なエッセイを数多く発表)が関心を示し、紹介する文章を書いているが、私が読んでもピンとこなかった。そんなとき、『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリ氏ととり・みき氏で、プリニウスのマンガを10年にわたって連載したことを知った。マンガであり、全12巻あるので札幌市立図書館では所蔵していなかったが、なんと厚岸町の情報館から借りることができた。構想と作画をヤマザキマリ氏が、とり・みき氏が背景や妖怪を担当したようだ。
 物語の主役は、プリニウス(ガイウス・プリニウス・セクンドゥス[A.D.23~79年])ということになっているが、途中からローマ皇帝ネロが主役の地位を奪っている。
 話は火山の噴火や雷といった自然現象へのプリニウス一行の遭遇から始まる。長い旅の後、ローマでは皇帝ネロとの緊張関係が待ち構えている。ローマは美しいというより魔窟のような場所。人心は荒廃し、新興宗教キリスト教の影も忍び寄る。一方、プリニウスの書記官エウクレスの想いを寄せた美少女娼婦への行動が物語に彩を添える。(プリニウス自身に関する歴史的な記録は少なく、そのためマンガの筋はヤマザキマリ氏が創作しているようだ。偶に妖怪なども出て来るが、読者の博物学的知識が増える可能性は少ない)。ローマを離れてから再度大地震に遭遇する。この辺は2011年の東日本大震災の惨状を意識しているのかもしれない。建物の崩壊や水道などのインフラの壊滅状態、ポンペイの街は大混乱の描写はマンガだからこそより伝わる。その後、未開の大地・アフリカへの旅を決意し、船旅に出る。しかし、嵐に遭遇。何とかアフリカに上陸した。

その後、皇帝ネロの荒んだ生活が中心に描かれる。哲人セネカも登場。ローマの大火災。ネロ暗殺計画も勃発する。ギリシアの地で妄想に取り憑かれる皇帝ネロ。・・・元老院から「公共の敵」として認定されたネロはついに終幕を迎える。

最後の2章は若き日のプリニウスを描く(動物や昆虫、植物と触れ合い、世界を観察する悦びに目覚める)。 

各巻末の著者たちの対談で制作の意図や苦労話が掲載されており、大変参考になる。この機会にヤマザキマリ氏の著作『貧乏ピッザ』、『扉の向こう側』を読んだが、若くしてイアリアに飛び出していった行動力や彼女の才能、母親の教育法に感銘を受けた。鉄は熱いうちに打て(Strike while the iron is hot)。

Book Review 12-5 スポーツ サッカー

『#This is The Day』(津村記久子著)を読んでみた。著者は 『#ポトスライムの舟』で芥川龍之介賞(2009年)、最近では『#水車小屋のネネ』が話題になっている。本書は第6回サッカー本大賞を受賞した。(著者はうどんが好きらしく、作品に度々登場する)。

2024年初頭はアジアカップでの日本代表の活躍で盛り上がっていた。ベスト8で負けてややトーンダウンしたが・・・。本書で扱うのは日本代表選手でもなく、J1チームでもない。何とJ2である。そして対象は選手ではなく、サポーターである。最近、NHK町田ゼルビアのJ2初優勝と J1昇格 、黒田剛監督のチーム改革について報道していた。観客数を増やすため、地域密着型の様々な取り組みもなされていた。

ネット検索すると、サッカーを扱った小説は意外に少なく、コミック本が多い。本書は架空の22のチームを応援する人たちの試合への関わりを描いている。時期は今季最終試合(This is The Day)である。J2は昇格も降格もあるので、サポーターの一喜一憂する場面が多くなるのでより盛り上がる。

22チームが対戦する際に、それぞれが別々のチーム応援する2人のことが描かれる一話完結の連作小説集。職場の人間関係に悩む会社員であったり、別々のチームを応援することになった兄弟であったり、両親の離婚で十数年ぶりに再会した孫と祖母であったりと、2人の人間関係は様々である。
 22チームが対戦するため、11話となっており、最終章に昇格プレーオフの様子が書かれ、日程終了後の順位(昇格、降格も)が最終ページに載っている。

登場する架空の22チームの名前とロゴが表紙の裏にカラーで掲載されている。地域の名所や名物、祭りなどが盛り込まれていて興味深い。奈良の鹿や青森のねぶた等。著者が考えたのだろうか。ロゴを見ているだけでも楽しくなる。その名前は以下の通り。オスプレイ嵐山、CA富士山、泉大津ディアブロ、琵琶湖トルメンタス、三鷹ロスゲレロス、ネプタドーレ弘前鯖江アザレアSC、倉敷FC、奈良FC、伊勢志摩ユナイテッド、熱海龍宮クラブ、白馬FC、遠野FC、ヴェーレ浜松、姫路FC、モルゲン土佐、松江04、松戸アデランテロ、川越シティ、桜島ヴァルカン、アドミラル呉、カングレーホ大林。

ジュビロ磐田のサポーターが、本書の内容と2023年のJ2の状況が偶々同じなので驚いていた(作中のヴェーレ浜松が、なんとジュビロと同じ二位で昇格)。

サッカー選手やその技能についてはあまり触れられていないが、サッカーサポーターの心情や行動が手に取るようにわかって、どの章もリアルで面白い。選手ではなく、サポーターを描いたことに先見の明がある。

Book Review 9-24 医療 #ルポ 医療犯罪

 

『#ルポ 医療犯罪』(出河雅彦著)を読んでみた。新刊『おろそかにされた死因究明 検証:特養ホーム「あずみの里」業務上過失致死事件』が手に入らないため先に本書を読むことにした。

 

著者は元朝日新聞青森総局長。著書に『ルポ 医療事故』(朝日新書科学ジャーナリスト賞2009受賞)。

 

身近にあるずさんな医療の実態を検証している。

はじめに、生活保護患者を食い物にした奈良県のY病院事件に100ページ近く割いている。心臓外科医なのに、直前に近県でレーザーを用いた近視矯正手術を行う眼科を開業していた。医師会は新たな開業に難色を示していたが、結局承認された。開業後は奈良県外から生活保護の患者を多く受け入れ、半数以上に心臓カテーテル検査をしている。また、経験がないのに肝がん(後に肝血管腫と判明)の切除術を生活保護患者に施行し死亡させている。匿名の告発が多数医師会や警察に寄せられたのに、起訴されたのは11年後である(告発が匿名であること、県外患者のレセプトにアクセスできないことがネック)。医療に関わる犯罪を検察や司法が罪に問うのは大変な困難を伴うようだ。

次は、3年間に4件の重大事故を起こしたリピーター医師が軽微な罰金で野放しにされている例。産婦人科の麻酔薬にからむ事例。

3例目は銀座で開業する眼科医がレーシック手術で70名に及ぶ集団感染事件を起こした例。利益を優先し、滅菌処置をなおざりにしていた。手洗いをせず、素手で手術をしていたという。結局実刑判決を受けている。

4例目は歯科インプラント手術後に止血ができず死亡事故を起こした例。「科学的根拠」のない独自の治療法であった。インプラント手術にはエビデンスがないようだ。

5例目はガスボンベの識別色が曖昧で、咄嗟の判断が求められたときにミスを招きやすく、救急処置や手術室で酸素と間違えて高濃度の二酸化酸素を患者に吸わせて死亡させた例。

6例目は研修医が5倍量の抗がん剤を処方した処、薬剤師や指導医の目をすり抜けて患者を死亡させたT病院薬剤過量投与事故。患者の体重を確認するために席を離れ、再度席に戻って確認したときに反対ページの薬剤の体重当たりの使用量で計算して処方をしまった。その後病院側が研修医に遺族との接触(謝罪)を妨げ、遺族の不信を買った。

 

『医療エラーはなぜ起きるのか(When We Do Harm)』(Danielle Ofri著)を以前にレビューした(Book Review 9-12 医療)。2例の誤診例(急性骨髄性白血病カテーテル汚染による敗血症、熱傷患者の治療)を時系列に提示している。どちらにも医療者も患者に対する傲慢さと謙虚さのなさ、コミュニケーションのなさが潜在している。

前報の繰り返しになるが、医療エラーは米国で死因の第三位。死者は年間25万人を上回る。「ハーバード・メディカル・プラクティス・スタディ」によると、1984年の1年間、ニューヨーク州の51大学の入院患者で調査したところ、3.7%に傷害、そのうち14%が死亡していた。年間で約10万例に傷害(毎日ジャンボジェット機が1.5機墜落と同じ)。入院患者に限定しているので、外来患者には当てはまらないかもしれない。結論は、医療システムの欠陥が主な原因(ナースの受け持ち数が多い、頻繁のアラーム音で思考停止、類似名の薬剤、病棟により薬剤の置き場の違い、環境が悪く薬剤名が読めない)と結論付けられた。

過労の問題も大きい(当院で地域研修をした研修医が基幹病院に戻ってから、過労が原因で自死し、現在裁判となっている)。研修医の過労から、特に薬剤量の指示間違えが多発している。週末や祝祭日に入院した患者の死亡率は高い。

 

乱脈診療を行っても、放置され、行政機関が追求しようとしても、立場の弱い患者の声は届けにくいのが現状のようだ。本書の例は一般医には問題外であるほど悪意が潜んでいたが、私たちは初心に帰って、日々真摯に診療に当たらなければならない。

Book Review 29-2 短歌・俳句・川柳 #アボカドの種

句集『#アボカドの種』を読んでみた。

『#サラダ記念日』で与謝野晶子以来の大型新人類歌人誕生!と称賛された著者も還暦を迎えている。そんな近況をNHKで特集していた。

内容も恋の歌から息子との関わりや病気、老年の生き方に変わってきている。(歌の内容から推察するに胃のリンパ腫に罹患したようだ)。

その中からから数句 

「息子十九「プロフェッショナル」出演の 打診をすれば秒で断る」

「アボカドのサラダ作ってあげること もうないだろうレシピ聞かれる」

放射線からだに降らすこの春の 白湯と桜の日々をいつくしむ」

「息子から連絡はなく母の日は 私が母を思う日とする」

「日が昇るラッキーセブンの幸せの 東病棟748号」 

「遺伝子がコピーミスしてDANCERが CANCERになる如月の夜」

妻は、毎日新聞の川柳欄(万柳)に投稿を続けている。5か月間掲載がなかったが、最近秀逸で載った。その句が「さきに見て 載ってないねと 言わないで」。丁度誕生日頃だったので、バラを抱えた夫婦写真と句の掲載をLINEで知らせたら、写真家である長女から「関係性と状況と心情」が出ていると評価された。写真もそんなことを考えて撮っているのか。

Book Review 30-6 マンガ #PLUTO

『#「PLUTO」を漫画で読む』(浦沢直樹×手塚修著)を、有名漫画家が勧める漫画ということで読んでみた。

PLUTO』(プルートゥ)は、手塚治虫の『鉄腕アトム』(地上最大のロボットの巻)を原作としてリメイクした作品。ビッグコミックに、2003年から2009年まで連載された(題字のUは二本角を模している)。

原作を読んでいないので、ネット検索してみた。原作は1951年から雑誌「少年」に連載された「アトム大使」を前身とし、翌1952年に「鉄腕アトム」と改題して連載を開始した。すると人気を博し、1968年3月に「少年」が休刊するまで連載が続けられた。まず、アトムの誕生日は2003年4月7日である。身長135cm、体重30kg。製作者は天馬博士。交通事故死した博士の息子の「天馬飛雄」に似せて作られ、当初は「トビオ」と呼ばれていた。トビオは、人間とほぼ同等の感情と様々な能力を持つ優秀なロボットであったが、人間のように成長しないことに気づいた天馬博士はトビオをサーカスに売ってしまう。その後、幾つかのシリーズを経て『PLUTO』(プルートゥ)へと続いてゆく。アトム、ウラン、お茶の水博士しか知らなかった私には、『PLUTO』は驚きの展開であった。

アラブの王がアブーラ博士に命じ、二本角を持つ百万馬力の巨大ロボットプルートウを完成させる。そして、プルートウに世界各地にいる最高のロボット7人(日本のアトム、スイスのモンブランスコットランドのノース2号、トルコのブランド、ドイツのゲジヒト、ギリシャヘラクレス、オーストラリアのエプシロン)を倒し、地上最強のロボットであることを証明するよう命じる。プルートウは、命令を守り、同族のロボットたちを無慈悲に破壊していく。アトムもやむなく天馬博士に頼んで、百万馬力にパワーアップしてもらう。やがて、プルートウの中にも良心が芽生え、アトムとの対決中に起きた阿蘇山の噴火を協力して食い止める。しかし、ゴジ博士が造った二百万馬力のロボットボラーが2人の前に立ちふさがり、傷ついたプルートウはボラーを巻き込んで自爆する。じつはプルートウを造ったアブーラ博士と、ボラーを造ったゴジ博士は同一人物であった。サルタンの召使ロボットだった彼は「世界一のロボット」を欲しがる主人のためにプルートウを造ったが、その使われ方を憂い、プルートウを倒すためにボラーを造ったのだった(八巻分を数行で要約するのは難しいので、貸本屋で借りて読んで欲しい。私は札幌図書館で借りた)。

さて、リメイクを了承した息子手塚眞は浦沢作品として本作を描くことを要望した。人間と高性能ロボットが完全に共生する近未来で起こるSFサスペンスとして描いた。誰もが指摘している点であるが、アトム(一巻)やウラン(二巻)の登場が各巻の最終頁というのが意表を突いている。

アトムをはじめとするキャラクターデザインやストーリー設定の一部には浦沢流のアレンジが加えられている。手塚治虫氏の原作では「アトム」が主人公ではあるが、浦沢直樹版では原作で脇役として登場したドイツの刑事ロボット「ゲジヒト」の視点から物語が描かれている。ロボットのキャラクターデザインは独自のデザインになっている(人間に近い、人間と見分けがつかない)。殺され方や殺される順番が異なっているそうだ。「憎しみからは何も生まれない」という言葉でマンガは終わっている。現在、展開されているガザ・イスラエル戦争にしてもウクライナ・ロシア戦争にしても、戦う者同士の歴史的解釈の違いが大きいのであろうあろうが、憎しみを前面に出して戦われている。

2024年現在、生成AIがあらゆる分野を席巻している。74年前に手塚治虫氏が憂えた「憎しみを前面に出して戦う」状況は益々悪化の一途を辿っている。生成AIを用いても復讐するという人間行動は忘れ去られることはなく、私たち人間は何も進歩していない。

Book Review 9-23 医療 #ふつうの相談

 

『#ふつうの相談』(東畑開人著)を読んでみた。

著者は臨床心理学者、臨床心理士公認心理師。専攻は精神分析と医療人類学。2022年開業。白金高輪カウンセリングルーム主宰。

 

本書を読んだ読者の声を聴くと、「これは学術書であり、一般人には適さない」という声が多い。一方しばしば患者さんから相談を受ける医療者である私には大変興味深い内容であった。他者と話をするという行為を詳細に分析していることに感嘆した。著者は精神科医中井久夫氏の『治療文化論』に影響を受けているようだ。(時間が許せば読んでみたい)。

 

はじめに、まとめを提示しておく。

著者は「ふつうの相談の地球儀」という考えを提唱している。私たちの臨床は世間知と学派知と現場知の三次元によって営まれる(3軸で考える)。

世間知とは、「心とは何か」、「社会とは何か」、「いかに生きるか」についての素人の理解である。

世間知を精錬し、純化することで取り出されたのが学派知である。

臨床現場というミクロな社会に特化した世間知が現場知である。

学派知と現場知の二つを合わせたものを専門知と呼んでいる。

 

具体的に内容を見てゆこう。

様々な現場で交わされている日常的な相談の風景がはじめに3場面提示される。これは通奏低音のようなもので、この響きを「ふつうの相談」と呼ぶ。

学派的心理療法論と現場的心理療法論がある。この二つがせめぎ合う。言い換えると専門性と素人性。純金と合金(フロイトの言葉)。中心と周縁。

体系的な心理理論は、同一化を要求する。逸脱は激しく取り締まられる。

一方、現場に適した心理療法は折衷的であり、「ありふれた心理療法」で現実的な妥協を肯定する。

いかに学派的な作法を現場で応用するかが要となる。

多元的臨床心理学には大宇宙の中に、小宇宙があると言える。精神分析ユング心理学認知行動療法人間性心理学、家族療法等。

広大さがふつうの相談の肝である。日常の中で自然に交わされている援助のことだと言えよう。

新たな俯瞰的まなざしを獲得することが課題となる。

相談を受ける側は二つのカードを手元に置く必要がある。誰にも同じアプローチではいけない。「一病気一治療」の罠。カードが一枚しかないなら、使うか使わないかで二択となる(誰にでも一律に用いることは狂信に通ずる)。

同定すべきは

  • 問題の性質の特定。緊急か不急か。外在性か内在性か。

生活が破綻するリスクが高い。

  • モチベーション。
  • お金と時間の問題。

 

技法は以下の7つ

  • 聞く

応答の比重が高い。

  • 質問する

穏健、マイルドになる。

安全性、「常識」や「世間知」を重視する。

  • 評価する

価値の社会的側面を重視する。価値の共有。

  • 説明する

心の状態やメカニズムを説明する。知的な説明でなければならない。

大きなアドバイス:課題や変化の方向性を示す。

小さなアドバイス;現実的な助言をする。

経験談という話法が有効である。

説明とアドバイスがセットになっていること。

  • 環境調整

環境に直接働きかけ、変化を促す。

  • 雑談・世間話

表面的な会話を維持する。

機能

  1. 外的ケアの整備

ケア資源の拡大、ソーシャルワーク的な想像力

  1. 問題の知的整理

正しい情報や知識

  1. 情緒的サポートの獲得
  2. 時間の処方と物語の作成

様子を見ること(自然治癒力、時熟)

 

構造

  • ふつうの相談0

素人どうし:多様である

アーサー・クラインマンの台湾での仕事:説明モデル理論を紹介している。(かれの著作『病の語り』は名著である)。

心理療法家は「心理学すること」、精神科医は「生物学すること」ソーシャルワーカーは「社会学すること」に基づいてそれぞれの立場で治療を行う。

中井久夫氏の個人症候群と熟知性(よく知っている)

・普通症候群

・文化依存症候群

・個人症候群(不調を個人の人生の物語ろうとする)

世間知(常識)←→学校知

・人間とはいかなる存在か(folk psychology):物語化する

・社会とはどのような場所か(folk sociology):先輩の知

限界がある

・世間知の複数性

・世間知の規範性

・熟知性の限界

  • ふつうの相談B(Aとは学派的心理療法論である)

背水の陣をひく

Aの行き過ぎを補正する

マイルドである

悩ましく、バランスをとる

  • ふつうの相談C(Clinical)

同じ現場で仕事をしている人たちが共有している相談作法

「現場知」と呼ぶ:断片的で、ローカルな知の集積

自然で葛藤がない

・ハードな面:法律や制度、経営

・ソフトな面:心理的、経験的、人間的

社会的ニーズ

制度的役割と社会的ニーズのせめぎ合い。

現場知とは専門家としての世間知である。

注意:臨床現場の常識が一般社会では非常識となることがある。

以上、要点を抜き出してみた。

 

私が外来で患者さんと話していることは上記のどれにあたるのだろうか。

たまたま独逸の作家・弁護士であるフェルディナント・フォン・シーラッハ氏の『珈琲と煙草』を読んでいたら、聞くという英語listenの順番を入れ替えると、沈黙を意味するsilentになると書かれていた。興味深い。医療者にとって「聴くこと」は最も難しいと言われているが・・・。

Book Review 4-2 日本企業 #トヨトミの世襲

著者は梶山三郎氏。経済記者で、トヨトミシリーズを書くために覆面作家となっている。シリーズ前作に『#トヨトミの野望』、『#トヨトミの逆襲』がある。本作はその「完結作」と謳っている。

昨今、トヨタグループで認証不正問題がマスコミを賑わしている。トヨタ自動車の会長が2024年1月30日の記者会見でグループの現状に危機感を示し、自ら改革の先頭に立つ考えを示した。不正の背景には、各社がトヨタの世界戦略についていこうと無理を重ね、現場の負担が見過ごされたことがある。トヨタグループは現場を第一とする原点に立ち戻り、立ち直ることができるのか。(毎日新聞から抜粋)。

前作、前々作である『トヨトミの野望』と『トヨトミの逆襲』は、小説という形で、創業家が語る「神話」の裏側を描いた。巨大企業の運営が想像を絶するほど大変であることがわかる。それが世襲で凡人に回ってきて、巨大企業のかじ取りができず右往左往している様子が描かれる。政治工作や女性関係など次々登場する。『トヨトミの逆襲』では、主人公が創業家の御曹司であり、話は2016年からはじまる。IT企業トップも登場し、車製造とIT会社の未来社会に対する展望の違いが浮き彫りになる。一流企業であっても、ドロドロの権力闘争が繰り広げられていることなど珍しくもないだろう。この小説は組織が機能不全に陥るのを食い止めている企業のぎりぎりの経営努力の現場が描かれている。

本書は、世界中を襲った未曾有のパンデミックのなか、巨大自動車会社トヨトミ(トヨタ自動車のこと)も待ったなしのEV(電気自動車)シフト転換を迫られていた。しかし、販売ディーラーの相次ぐ「不正事件」や持ち株比率たった2%の創業家の「世襲問題」など暗雲が垂れ込める。

本書の肝は、企業を存続させるには、世襲がよいのか、優秀な人材のヘッドハンテングがよいのかを考えることであろう。気になるのは、世襲する若者が一律に未熟で傲慢な人物として描かれており、優秀な人材を狙う経営者は己の実力を過信し、後継者に指名した人物に指揮権を移譲できない精神構造をもつ者としていることである。余りにもステレオタイプ化している。

 前作に登場したIT企業トップも海外投資に失敗して巨大な赤字を計上したことをマスコミが報道している。巨大な組織を維持することは想像を絶するほど大変なことなのであろう。小さな組織のトップしか経験したことがない(潰さない・潰されないことが目標)私は、その点幸せだったのかもしれない。